応募数が少ない求人とは

カフェでの仕事の求人

運転手

カフェの求人応募を増やすには

カフェは人気が高そうな職種の1つだと思われそうですが、意外と求人の応募数は少ないものです。理由は様々でしょうが、接客が苦手だったり、オシャレじゃないといけないと思われていたり、何かと敬遠されがちです。しかしながら、応募が少ない大きな理由の1つにシフトの融通がききにくいというのもあります。ファミレスなどとは違い、同一タイムに大勢配置することが難しく、どうしてもスタッフ1人あたりの勤務時間が長くなったり、勤務開始時間、終了時間が完全固定されていたりします。これはカフェだけの問題ではありませんが、このあたりを改善すると求人に対する反応は変わってくるでしょう。

カフェの仕事について

おしゃれなカフェで働きたいという気持ちを持つ女性は非常に多く、求人がなされると非常に多くの応募があるようです。激戦になりますので、対策を立てておくことが重要です。オーナーとしては店の雰囲気にあった人を採用したいと考えるものですので、あらかじめカフェにお客として入店し、店の雰囲気をリサーチしておくとよいでしょう。ネットの口コミサイトなども参考になります。また、求人募集に記載されている求める人材像の記述も参考にすべきです。最後に重要なのは明るさでしょう。接客業であることを強く意識することが大切です。

↑PAGE TOP